2017-11-21

11月21日 連日虹とハーバー



毎日朝外に出て虹に出会わないことがないこと数日、つまりハイクは雨が多いということでもあるのだが。雨だやだなーと思っていても虹が出ると一気にやったー、とハッピーになれるのはなぜだろう?虹だけでなく、サンセットの日の出も、満月も星も毎日あるものなのに、出会うとその美しさについ忙しくしている手や足を止めて呼吸が深くなる気がする。それくらい自然って美しくって、自分の心を落ち着かせ、感謝の気持ちを湧き上がらせてくれるものなのだな。
これは昨日のもの
そしてこちらはおととい。

この美しい自然にあちこちでそのことを思い出させてくれなくなるような地球になってしまったら、いや実はそうなりつつあるから人間の心がすさんだり、自然への畏敬の念が薄れて大事なことを忘れてしまってるのかもしれない。そういう意味ではここ最近の日本やアメリカ、そして世界中のあちこちで起こっている政府の自然を踏みにじるような決断には危機感を感じている。あまりにあちこちで起こりすぎて、いちいち反対する意欲もなくなってくるほどだけどほうっておいてはさらに悪くなるし、無関心が一番の悪だとはわかってるのだが、、ほんとどうなっちゃってるんだろう?

それはそうとどんなものでもあまりにあると贅沢病になってくる。虹にはまだ飽きてないけど毎日毎日ハーバーばかりだと、なんだか別のところで乗りたくなる。ハーバーの波は確かにいい波なんだけど、ピークが決まっているので混雑するし、人を気にしながら乗るのに疲れてくる。もうちょっとジャンクでいいから人がいないところで自由に乗りたいなあ、カナハや、他の場所でも乗りたいけどここ数日波はハーバー以外では大きすぎて乗れないし、風もオンショア。
ということで今朝はハーバーをスキップして家の庭仕事に精を出した。これはこれでエクササイズになるし、気持ちがスッキリする。

馬のうんことキノコの菌の腐ったものにまみれながら土作り。これを頑張れば美味しい野菜ができるのだとイメージを膨らませながら混ぜ混ぜした。

マウイにきた頃からずっとハイクに住んでいて、ここ以外に住む気は無いと言っていたのに4年ほどワイルクにすみ、住めば都でワイルクも気に入っていたのだが、今年の夏からハイクに戻ってきたらやっぱりここは私の性に合っている。大家さんは元々逗子でウインドサーフィンをしていたまりちゃん。大学生の頃からの友人で一緒に水着を作ってくれていた友人。もう気がついたら30年の付き合いになるが、こうやって彼女の大きな敷地で田舎暮らしをさせてもらえることに心から感謝!
ちなみに彼女は多くの女性が憧れるジュエリーデザイナーなんだけど、セレブなマダムのイメージでとってもおしゃれなんだけど、実はファームライフが好きでキノコを育てたり、馬を飼ったり、敷地内にいろんな木を植えたりしている。よくスローライフという言葉が使われるけど田舎暮らし、ファームライフなんて全然スローじゃなくてやることだらけで大忙し。でもなんか充実してて好き。

2017-11-20

11月20日 ハーバー2ラウンド

朝は波が良かったけど結構混んでいた。

ジェッティーのポイントはバレルセッション

ミドルスも楽しい。


ミドルスからさらに行ったところでもフォイルなら十分楽しい
ブレットも自分のデザインしたステップボトムのボードでリッピング

1ラウンド混み気味の中乗ったけど、風が上がってこなかったので一旦街で用事を済ませてもう一度ハーバーに行くとかなり空いていた。疲れているけど一度家に帰ってしまったら夕方ここまで戻ってくるのはガソリンも勿体無いのでだったら今乗れるだけ乗っとこうともう一度でた。
最後は膝が痛くて曲がらなくなってきたので終了。それでもコンディションは良いままで誰もいない。ああーだったら朝早く来ないでゆっくりくれば良かったかなとも思うのだが、その場にいないとわからない。
それにしても今年はハーバーばっかり、フォイルに乗ってるからというのもあるけど個人的にはハーバーは水も汚いし、混んでることが多く、波はいいけどあまり好きじゃない。他にオプションがあれば別のところに行きたいんだけど。波がいいのも大事だけどそれより綺麗な景色や一握りの仲間とニコニコしながら乗る方が私は好きで実は波乗りという行為より、周りの雰囲気や周りの自然が大きな要素になってるのかもしれないなあとふと思った。

2017-11-19

11月19日 久々のサウス

ハーバーに行ってみると週末だし、波はいいし、朝早い時間なのにすでに混み始めている。ショートボーダーも多いのでこれは私は遠慮しようとサンドパイルへ移動。そしたらこちらはちょうど今風が上がってきたという様子。サップでは難しい感じ。仕方ないので波あるよとレポートをもらったサイスまで足を伸ばしてみた。

確かにある。引き潮ギリギリでフォイルも乗れそう。
出てはみたけどあまりパワーがなく、乗れる波がなかなか来ない。今日はなんかいろいろ動いたけど空回りだなー、だったら最初に行ったハーバーの端っこで乗ればよかったかなーと思いながら上がってきたら虹が迎えてくれた。

海に入れるだけでもありがたいんだよ、こんな綺麗な海に人も少なくて、周りの景色も綺麗で、感謝しなさい!って優しく教えてくれた。

ほんとそう、Mahalo ke akua.


2017-11-18

11月18日 ハーバーセッション

今日もまたまたハーバー 30年前同じ時期にマウイにやってきたまりちゃん。ほとんど毎日欠かさずどこかしらでサーフィン、そして波に乗ったらこんなニッコニコ。ご主人はセールボードマウイの名シェイパーデイブメル。
元スキー選手だったスコットはそれこそ私はマウイにき始めた頃からの知り合いで奥さんとは一緒にウインドサーフィンで大会に出ていた。マウイやオアフにチェーン店を持つリゾートウエアブランドを夫婦でやっている。
カイトフォイルマスターだったのでサップフォイルも上手。
オースティンカラマ、マウイのフォイルライダーではダントツ、若さ爆発させるようなエアリアルがうまい、今日はおニューのボードの乗っていてめちゃくちゃ調子がいいとか?長さ5’10って言ってたかな?
ロングボーダーレディースも大勢いた
日本から来ていたゆりちゃん
とご主人のタケさんも今日で滞在最終日だそう。また日本で!

2017-11-17

11月17日 混み混みハーバー

ノーススウエルだとハーバーのコンディションが良くなる。その上ちょっと北寄りの風なので他は全滅、そうなるとここにみんな集まってくる。
今日のピカイチライダーロングを女性っぽく乗っていて、でもセットの大きな波にも優雅に乗っていた。
そしてこのウエットの着こなし方。可愛くなくちゃできません。笑
これの同じ彼女、
カラマボードでリッピングしていたローカルのロン、写真送ってくれとメールアドレスもらったのになくなってしまった、また早く会えますように。
何やらせても安定して上手で誰の邪魔もしないキャシー、目標です。
今日一番のイケイケ、上手だったアンドレア
彼女はモロカイレースで最も優勝回数が多く、ウインドも昔プロで、ジョーズで一番最初にトウインした女性でもあり、パドルでもサップでもジョーズに入る。
そしてフォイルもハマっている。
こちらはマウイで一番大きなウインドやカイトのスクールをやってるアランキャディッツ、自身もウインド、カイト、トウインサーフィンのパイオニア、あ、サップもか。小柄で痩せてておとなしいのでそんな風に見えないけどかなりビッグウエイブをせめる。そしてフォイルもすぐ上手くなってしまった。

混みすぎてて周りが気になりすぎてあまり乗れなかったけど、みんなのを見ながら勉強勉強。

2017-11-14

11月14日 Harbor Session

とうとうもおちゃんの3週間の滞在も終わり、アロハクラシックへの挑戦(というか自分自身への挑戦?)も終わり、日本に帰っていった。
結果的には目標に届かなかったかもしれないけど得たものはいっぱいあるんじゃないかな。まあ、そういう意味では努力したのに何も得ないことなんて絶対ないから、動くことだけでも意味はある。そして普段の生活のありがたみ、家族の大切さなんかも感じる余裕や時間ができたんじゃないかな。
 私も久しぶりにもおちゃんと一対一で色々やったり話したり過ごすことで、改めていろんなことを考えたりすることができたし、一人ではついさぼってしまいがちなことも一生懸命やれた。彼女の頑張ってる姿勢、やり続けてることを見て、自分も自分がやろうと決めたことをしっかり続けて努力を怠らないようにしなくちゃ、まだまだ甘いところばかりだからと反省し、喝を入れてもらえた。
ありがとう。そういえば最後にこんなに一緒に過ごしたのは15年前にもおちゃんがウインドで優勝し、また情熱大陸の撮影も入ってて一ヶ月くらい撮影クルーがいて、ストレスやプレッシャーに潰されそうになりながらももおちゃんが頑張ってた時だったかも、あの時優勝した後にツーショットを撮ってもらった時、私も彼女も感無量になって涙目で撮ってもらったのを思い出す。そしてその写真を撮ってくれた滝さんはもう天国にいってしまっている。そうやってみると、「思えば遠くに来たもんんだ」だなあ。笑
さて早朝にもおちゃんが帰り、私はハーバーまで波チェック。フォイルに良さそうな波は入ってるというのでいってみると本当に小さくてたまにくるセットもフォイルにバッチリ。サーファーが一人、そしてレースボードで練習をしているコナー、コーディー、ライアンの3人が練習の合間に波にも乗っている。そしてフォイル仲間が4、5人で理想的な雰囲気。
コーディーがレースボードでボコッと掘れたところでチューブに入った。彼のセンスの良さは流石のお父さん譲り。本当にがつがつ自分自分って感じでもないし、いつもニコニコしているけどさらっとなんでもカッコよく決める。フォイルももうすでに可なりのマスターだし、サーフィンもダウンウインドレースも周知の通り世界トップクラス。

ジャンパウロ

 そこに小さなフォイルボードを抱えてオースティン登場。
 ものすごいスピードでかっ飛ばし、エアリアルの練習。一気に雰囲気が盛り上がる。
 なんだか普通のサーフボードに乗ってるようなカジュアルさ。

チューブセクションを抜けて
 一気にエアーから360へ

 何度もなんども繰り替えす。

クリスは新しいブレードのテスト、かなり気に入ったみたい。
 新しいプローンフォイルボードを手に入れたジェイソン
 レールグラブ。
フォイルだとこんなに小さくてもドキドキ怖い。そんなわけでこの冬はまだあまり大きな波に乗っていないから、そっちも心配。やることいっぱいで大変だ。

午後はいろんな人と再会。冬の割にはハイクも天気が良くてありがたい。風はちょっと弱めだけど。

2017-11-13

11月13日 Swim, workout and Inspiration

風も波もなさそうなので、午前中私は仕事、もおちゃんは色々用事を済ませて一緒にホキパでスイム。スイムゴーグルをつけて泳いだら本当にたくさんの魚が見えて楽しく泳げた。

そして帰って来た軽くトレーニング。もおちゃんがいる間はいつもより毎日しっかりトレーニングができた、そして自分なりに考えて組んだプログラムがジムに行ってみると、あれ、やってたことそのままだね、なんていう感じでそれほど間違っていなかったという確認もできた。
毎日嫌々ながらもスタートすると、最後には汗だくになり、気分良くやってよかったという気持ちでフィニッシュ、そして体も自分でも少し締まってきたと思うくらい変わってきた。このまま続けなくっちゃ。

さて私は夕食前にジムに行ってインタビュー。先日開催されたピアヒチャレンジのビッグウエイブコンテストで優勝したイアンウオルシュ、そしてペイジアルムズ、そして二人のトレーナーであり、全面的に信頼されているサムに話を聞いた。
忙しい3人を一緒に集まるのはとっても難しいのだが、サムのおかげでちょっとだけクラスの前に話が聞けたけどその短い時間だけでもイアンが本当に思っていた以上に色々な面で優れていることがよくわかった。

(イアンとジェシー、ナザレのビッグウエイブで初めてカイトをしてきて帰ってきたばかりのジェシー、イアンも彼に色々質問していた)
頭もいいし、とっても浮かれたところがない、どんな人には同じように接し、ジムでもキッズたちにいつでも声をかけたりジョーク言ったりしている印象があるし、若い頃から何か強い気持ちと目標を持ってそれに進んでいるように見えた。それがどういう努力や実績、そしてリサーチにバックアップされていたのか、それが今回話してよくわかった。マスターはやっぱり謙虚であり、努力の人、そしていろんなことに感謝の気持ちを持っている。話を聞いただけでモチベーションが急激にアップした。なんて役得な仕事なのだろう?
(それにしてもroomful of champions! カイト、サップレース、サーフィンジュニア、ビッグウエイブ、ウインドサーフィン、サップウエイブとタイトル持っていない人がいないくらいのメンツのクラスだった)

ペイジとサムからもとても興味深い内容の話が聞けた。この内容は次号のSURFMAGAZINEピアヒチャレンジの記事の中で一部紹介することになるのでお楽しみに。
でもイアンのことはロングインタビューでいつかじっくり取材したいなあと思う。どこかやらせてくれないものかしらん?

インタビューを終えて家に戻ると早速もおちゃんのお別れパーティー。20年以上前から知り合いの仲間が集まって持ち寄りディナー。それにしてもなんでもお互い知っててなんでも言い合える仲間と言いたい放題の夜。みんなの話題にびっくりさせられるやら大笑いするやら。変な日本語も続出。楽しい夜だった。
また来年!








2017-11-11

11月11日 アロハクラシック 頂点のパフォーマンス

(優勝のモーガン、見ていて一番スムーズでスタイリッシュ、個人的にも一番好きだった)
アロハクラシック最終日。
見ているものを引きつけて離さないプロのライディング、これこそプロだなーと感じられるセミファイナルとファイナル
昨日よりは波がサイズダウンしたものの、セットはマストサイズあり、選手にとってもより思い切り技を仕掛けられる完璧なサイズかもしれない。ウオームアップでもまさにそれを感じさせるすごいライディングがバンバン出てきていた。
まずメンズセミファイナル。
ウオームアップでものすごくかっこいいライディングを見せたリーバイ、でもちょっと雨とともに風が弱くなったのか、動きがイマイチ。でもそうはいっても全く文句つけられないくらいクリーンな360を決めていた。
バーンもうまいだけでなく安心して見ていられる。若いけれどマインドが強いというか、ここで決めなくてはという時の集中力がすごいに違いない。彼も100点満点のゴイターを決めていたが、こういう技一発を完璧に決めるのと、大きなセットに乗って3回かっこいいオフザリップやエアーを決めるのとではどっちが点数が高いのだろうと、もおちゃんと私は気になった。
というのも大会になると俄然勝ち上がってくるケビンプリチャードがセミファイナルでこの大会ダントツ一番のライディングを見せていたからだ。ベスト2ウエイブだけカウントなのに、1ヒートで10本もそれもすべてセットの波で素晴らしい波ばかり撮って、もういいよって位笑っちゃうくらいリッピングしまくっていた。彼はワールドカップを回ってるわけでもなく、通常はカメラマン、水中ビデオグラファートして頑張っているのだが、そこらのプロよりずっと上手い、特に大会慣れしていてホキパの波を熟知している。
彼が引っ張ってくる波はこれでもかというくらいいい波ばかりで、それをミドルスの奥の、私がぷリチャードポイントと呼ぶあたりから乗り初めて一気に加速させ、2回も3回もエアリアルを決めながらロックの前まで乗り繋ぐのだ。とにかくセミファイナルのケビンはものすごい勢いでこのまま勝っちゃっておおかしくない感じだった。
若手カミールジュバンは見ていて面白い。スピーディーだし、勢いもある。ただ軽量だからなのか、パワーがないように、ターンやエアーもちょっと軽い印象が出てしまう。とはいえ数年前に見たジョーズでは一番イケイケで思い切りのいいライディングをしていた彼kらは目が離せない。
カミールジュバンのエアー、写真で見るとものすごい飛距離。


さてレディーズのファイナル。勢いに乗ってるタティアナがバンバンいい波に乗ってくる。ターンが浅くてライディングがイマイチだけど波の選び方がうまいというのが以前からの彼女の印象だけど今年は結構頑張っていいライディングを決めていたと思う。
一方サラは緊張しているのかいつものサラらしくない動きが多い。スピードもタティアナの方がある感じ。マウイではサラが元実力があると言われてはいるが、チャージしすぎて巻かれることが多かったり、道具が小さいのかアウトに出るときに苦労していてなかなか波に乗らない。

でも波に乗るとターンはかっこいいし、他の人よりクリティカルなところを走る。
ロックしかかってもカメラマンに笑顔。性格も良く、夏の間も一生懸命トレーニングしていた彼女、誰からも好かれていて、とっても感じがいい。
全体的に見たらタティアナがダントツに見えたけど、2ウエイブのみの計算だと、やはり「サラが一番いいライディングをしているのかなあ」ともおちゃんもあとから動画を見て研究しながら言っていた。
きっと悔しかったであろうタティ、でもにこやかな立ち振る舞いでサラを讃え、サラは信じられないという顔つきながら、本当に嬉しそう。
ま、これが大会、所詮大会されど大会っていうところなのかな。
優勝したモルガンもマウイボーイ。見た目全然ウインドサーファーっぽくなくてどちらかというとひょろっとしていて、色白なインテリ風。かっこもつけていない感じ。でもとってもスタイリッシュ。数年前にも優勝している。
決勝ヒートの点数は4人みんなかなりの接戦。みんなそれぞれすべてを出し切ったような素晴らしいパフォーマンスだった。

私も昨日もカイトをしていないので決勝が終わった時点ですぐにレインズに行ったので表彰は見ていないけど、決勝が終わった途端真っ先に海に出るセールが見えた。
(環境にも恵まれているが、カイは何と言っても努力の人である。努力を努力と思わないほど楽しんでいて、それが彼の一番の才能だと思う。)

カイレニーだった。セミファイナルで勝ち上がったかなと思ったけど負けてしまったカイ(もうメンズはセミファイナルでは誰が勝ってもおかしくないほど接戦だった)
きっと悔しかったのだろう。ヒートが終了した途端一番に出て行き、それからずっと練習していた。そういうことがやはりカイがあのスーパーカイレニーである所以なのだと思う。
彼の気持ちが痛いほどわかると同時に、やっぱりトップの人は努力もそれだけしてるのだとますます尊敬する気持ちが大きくなった。

レインズでカイトしながら見ていてもすぐ4位になったカミールジュバンも海に出てきて練習していた。結構な人数出ていたけれど、彼が動きが目立つので遠くからもすぐ彼だとわかる。オレンジ色のセールがビッグエアリアルを決めるのを見て、ああ、カミールもきっと来年か再来年、いつかはわからないけれど彼の優勝する順番が来るんだろうな、と応援したくなった。応援したいという意味ではみんな頑張ってる人は全員応援している。
私が通っているジムには最近ボジュマもモルガンも通ってきている。モルガンなどバランス運動でフラフラしていて、足腰も頼りなげ、トレーニングにまだ慣れていない感じ。あんなでもあんなすごいライディング見せられちゃうんだね、もおちゃんは変なところで感心していたが、トレーニングしたらさらにライディングにキレが増すのかもしれないと思うと楽しみ。ボジュマは両足首の可動域がイマイチなのを直している最中。みんな地道に頑張っている。ちなみに優勝したサラはこのジムに一番真面目に通っているドリームチームのメンバーの一人でいつも小さな体で頑張ってトレーニングを続けている。みんな海以外でもきっちりやっているのだ。

負けても勝っても頑張っていれば得るものはある。準備せずに、あるいは頑張らずに勝ってもその勝利に重みはない。でも頑張り切って負けたならそれはそれで仕方ない。そして頑張り続けている人がいつか勝った時、その時周りのみんなが心から祝福してくれる。その勝利の味は最高だと思う。
大会に出ていた一人一人、それこそグランドマスターズのおじさん達から、ユースのちびっこまでみんなほんとに素敵だった。たくさんの刺激と感動をありがとう。

さ、私も努力を重ねなくちゃ。